マンガを読んで女にモテるようになろう

こんばんは。
恋愛コンサルタント田中翔馬です^^

ブログやメルマガでもたまに書きますが
自分はマンガ(アニメ)好きです。

最近、久しぶりに幽遊白書のアニメを見ているのですが
超絶におもしろいですね。

自分が小学校の頃の古い作品ですが
いま見返しても普通におもしろい。

最近のマンガもクオリティは高いけど
ジャンプ黄金期のマンガはやっぱすげークオリティ高いです。

ちなみに自分、
マンガは恋愛の勉強にもなると思ってます。

名言とか、
キャラクターの生き様なんかもそうだけど、
ふとした時に、

「あぁ、こういうことってリアルでもあるよな…」

とか、

「恋愛ノウハウとして使えるな」

みたいな学びが色々あったりします。

例えば、

最近見た『幽遊白書』なら、
戸愚呂弟(とぐろ)の言葉はめちゃくちゃ勉強になりました。

戸愚呂が浦飯幽助に言った、

 

「お前もしかして、まだ
自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?」

 

っていうセリフ。

戸愚呂が暗黒武術会の決勝で
主人公の浦飯幽助と戦ってるシーンのある一コマ。

戸愚呂は自分自身がフルパワーを出して戦える対戦相手を求めているので
幽助の本当の力を見たいと望んでいます。

幽助が本気になるならなんでもします。
応援に来ている仲間さえ殺すと脅すほど。

が、しかし、幽助は本気になれない。
潜在的にすごい力を秘めているにも関わらず
それを自分の意思では使いこなせない…

そんな幽助に放った戸愚呂の一言がさっきのあれです。。

 

「元人間のオレの経験からみて
今のお前に足りないものがある。危機感だ。」

お前もしかして、まだ
自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?」

 

これ、すごくビビっときました。

幽助は心のどこかでなんとかなると思ってる。

自分は強いという自信もあるし

負けてもさすがに殺されはしないだろう、と。

それを戸愚呂に見透かされたのです。

心のどっかでなんとかなると思ってるんだろ?
でも、今のままならお前、間違いなくオレに殺されるよ?
危機感持って本気になれよ

という戸愚呂のメッセージ。

これリアルでも一緒ですよね。

 

恋愛でも同じ。

私は恋愛コンサルタントなので
クライアントには童貞の人が多いです。

そういう人に足りないのはたいていがこの危機感。

みんな悪い意味でなんとかなると思っている。

このままじゃヤバい…?

とも思ってるけど、

心のどっかでは

いつか彼女ができるだろう、いつか結婚できるだろう

そう思ってる。

行動せずに夢だけ見ている…

「このままじゃダメだ…」と思いながらも
そのぬるま湯からなかなか出られないのです。

 

自分も昔モテなくて悩んでいた時期があるからわかります。

「いまはまだ童貞だけど、
そのうちなんとかなるか…」

と思って行動を先延ばししてきました。

危機感が足りなさすぎたわけです。

行動すれば状況は色々変わるのに。

そして結果は割りと早く得られるのに。

行動してからわずか数ヶ月で最初の彼女はできたし
そのあとは割りとトントン拍子で何人もの女性と体の関係を持てました。

だからこそ思います。

 

「躊躇していたのはいったいなんだったのか?」

「あのビビっていた時間もったなさすぎ…」

「もっと早くに本気になって取り組めばよかった」

 

そう思うようになりました。

いざ飛び込んでしまえば実はなんてことないのに。

ただ腹をくくって行動すれだけなのに。

でも人は行動できない。

変わりたいと思っても変われない。

ぬるま湯から出れず
時間を無駄にしてしまいがち。

 

でもそのままだと最悪の未来が来てしまいます。
無駄に年齢を重ねて取り返しがつかなくなります。

で、最後はよくあるセリフ。

「若いときにもっと挑戦しておけばよかった」

これってホント最悪の後悔だと思うのです。

そんなことにならないように行動しないといけない。

 

じゃあ、どうすれば行動できるのか?

そのためには戸愚呂の言う“危機感”が必要。

もちろん希望も必要。
でも同じように戸愚呂の言うような『危機感』も必要なのかな、と。

自分ももっと早く危機感を持っていれば、と後悔しています。

なんとかなるんじゃないかな?
→ 本気にならないとなんとかなるものもならないよ。

と過去の自分に伝えたいです。

 

なんだか話がだいぶ変わってきましたが、
要するに何が言いたいかと
こんな感じでマンガには人の人生を変えるだけの力があるよ、ということです。

ほとんど戸愚呂の話だったけど(笑)

まぁ、そんな登場人物のたった一言からでも
たくさんのことが学べたり。

実際、自分はこれで少し行動が加速しました。
マンガは人生に影響を与える力があると思います。

ただの娯楽して考えるのはもったいないのかな、と。

人生の教科書ですね。

 

PS:

マンガと同じくアニメも人生の教科書(動画教材?)だと思います。
恋活に役立つ学びがたくさんあります。

私が見た中で、「これはかなりいいな」と思ったものを記事にしました。
今回の記事を見て少しでも共感していただけたなら、
これらの記事も面白いかもしれません。

ぜひ、読んでみてください。

 

→ アニメから学ぶ童貞卒業のコツ1 女性に冷たくされたときは

→ アニメから学ぶ童貞卒業のコツ2 最強の童貞主人公

アニメから学ぶ童貞卒業のコツ3 モテるために一番大事なこと

 

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
こちらをクリックしてください

 

コメントは受け付けていません。