恋愛を諦めかけた過去

こんにちは。
恋愛コンサルタントの田中翔馬です。

最近、弱虫ペダルにハマっています。

弱虫ペダル最高ですね。
熱いです。

ストーリーも面白いし、
登場人物もめちゃくちゃ魅力的。

そしてなにより恋愛の勉強にもなる。
成功するための考え方がすごくたくさん出てきます。

スポーツマンガって基本的に上を目指す内容ですからね。

上を目指すってことはつまり
必然的に、

・どうやって壁を乗り越えるか?
・どうやって苦手なことに挑戦するか?
・自分の得意分野をどう伸ばすか?
・精神の鍛え方

というような内容が多くなるってことです。

そしてそれはもちろん恋愛にも応用可能。

童貞を卒業したい、彼女を作りたい人にスポーツマンガを全力でオススメします。

で、その最近見てる『弱虫ペダル』ですが
心動かされるシーンがありました。

それはアニメ版の25話。

『負け』

っていうタイトルの話。

25話は全体的に熱い内容が多いんですが、
その中でも過去の回想がいい感じでした。

落ちこぼれの自転車部員が
主将に退部届けを出したときの回想シーンがあるんですが
そこがグッと来ました。

それはこんなやり取り。

落ちこぼれ部員は退部届けを出してこんなことを言います。

「俺はロードレースで勝ちたいんです。
でも、自分には才能がない…
速くなれません…
やれることやったけどダメだったんです…
だからもう自転車やめたい。
速くなりたかったけど…」

そんなことを言いながら退部届を出します。

その子は同級生の中でも一番遅い部員。

中学時代にもロードレースやってた経験者なのに
高校から始めたばかりの初心者にも負ける…

自分には才能がない…

だからやめたい…

と。

それに対して主将はこう答えます。

 

「勝ちてぇならやれ。負けてぇならやめろ。
勝ちてぇのにやめるな。
そんな選択肢はねぇ。」

 

お前にも得意分野があるだろうが。
だったらそいつを極めてみろよ。

心に染みました。

こういう言葉って多くの人に響くんでしょうね。

過去の自分にも思い当たるところがあって
少し昔のことを思い出しました。

自分は今でこそ人に“彼女の作り方”を教えていますが
以前はまるでモテませんでした。

そしてモテないことに凹み、
拗ねていました。

ぶっちゃけ諦めていたこともあります。

なんでモテなかったか?

まぁ、拗ねている時点でモテないのですが、
コンプレックス人間大百科と呼べるほど多くのコンプレックスを抱えていたからです。

中でも一番のコンプレックスはアトピーでした。
自分は生まれつきアトピーだったんです。

だからずっとこう考えていました。

 

「彼女ほしいけどでも俺はアトピーだから…
自分は肌も汚いし、
夜寝ている間に体を掻きむしってしまう…
ステロイドやザイザルなどの
抗ヒスタミン剤がなければ夜も安心して眠れない…
鼻炎で鼻呼吸だから寝て起きたら口も臭くなっている…
こんな醜いオレのことを
好きになってくれる女性なんているんだろうか…?
諦めたほうが楽かもしれない…」

 

そして他人からの慰めや同情を求めていました。

ですが慰めてもらっても
同情してもらっても心の渇きは止まりません。

それに諦めたとしても
やっぱり最後は諦めきれないものです。

「アトピーだから恋愛はできないかもしれない…
でも彼女はほしい…」

諦められないならどうするか?

自転車競技部の主将さんが言う通りです。

 

勝ちてぇならやれ

 

ですね。

欲しいのならやる

やめない

逃げない

続ける

諦めない

欲しいのにやらないなんて選択肢はない。

 

しかも自分の場合はこの自転車部員とは違って
戦いのステージにすら上がっていませんでした。

出会いを増やしたり女性を接したりしていないのに
やる前から諦めている状態だったわけです。

てか、やる前から諦めているとか意味不明ですよね。
諦めるかどうかはせめてやってから決めろよ、と(苦笑)

まぁ、自分の場合はその後色々あって
なんとか行動できるようになりました。

実際に行動してみれば割りと簡単に彼女ができて、
そこからは1人2人3人4人…
というようにトントン拍子に女性と関係を持てました。

やる前から「諦めようかな…」なんて言っていた自分がバカみたいです。

もし、今これを読んでいるあなたが
恋愛に対して臆病で諦めようかなと思っている場合は
がんばって一歩を踏み出してみてほしいと思います。

 

「勝ちてぇならやれ。負けてぇならやめろ。
勝ちてぇのにやめるな。そんな選択肢はねぇ。」

 

です。

自分が本当に欲しいと思ってるなら
諦めるという選択肢はありえないかな、と思います。

特に“童貞卒業”とか“彼女を作る”なんてことは才能ではありません。
やるかやらないか、だけですから。

だって多くの人が普通に結婚して幸せになってるだけですから。

オリンピック選手になるとか、
人気歌手になると、
年商10億の会社を作るとか、

そんなことに比べたらビックリするくらい簡単です。

諦めるとか諦めないとかいうほど
難易度の高いものではありません。
(まぁ、童貞のときは難しく感じますけどね^^;)

がんばりましょう!

このエンディングテーマ良いです。
最初好きじゃなかったけど、
聞いてるうちに好きになってきました。

なんか中毒性があります(笑)

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
こちらをクリックしてください

 

コメントは受け付けていません。