女性と出会える男のマインド。虫であろうが幼虫であろうがナンパ。

こんにちは。
恋愛コンサルタントの田中翔馬です。

私はこれまで数百名のモテない男性と関わってきました。
メール上の関係だけなら2,000人以上です。

そうやって多くの男性と話していると、
恋活で上手くいく人、いかない人の違いがよくわかります。

今回の記事では、
その中でも特に際立って感じる“ある違い”を紹介したいと思います。

 

モテる男性とモテない男性の大きな違い

モテない男性とモテる男性には様々な違いがあります。
正直、何から何まで違うのですが、
特に顕著に見られる違いがあるのです。

特に出会いを増やすときにはそうです。

その違いは何か?

といいますと、

“アプローチする女性の数”

です。

この数というのが、
モテる男性とモテない男性の大きな違いです。

モテる男性はスペックが高いからモテている、
というのももちろんあるのですが、
実は出会いの数を打っていることが多いんです。

例えば、職場の女性と仲良くしたり…

合コンに行ったり…

友達の遊びの誘いがあったら積極的に参加して人脈を作ったり…

出会いの機会を意図的に増やしているんですね。

ネットの出会いでも同じ

インターネットを使って出会いを増やすときも同じです。
結果を出す男性はかなりの数を打ちます。

「昨日と今日で100人くらいの女性にSNSでメッセージしてみました。
3割くらいの女性から返事があって、
今はそのうちの15人とやり取りが続いています。」

というような感じです。

モテる男性をが上手くいっている要因を分析しようとすると、
ついつい、顔がそこそこカッコいいとか、話が上手いとか、
そういう部分に目が行きがちです。

でも、単純に数を打っていることも多いのです。

単純に数を打っているので、
確率論的に上手くいっています。

 

また、多くの女性に拒絶されたり、
たくさんの成功体験を獲得することで、
膨大な経験値が蓄積されてよりモテるようになります。

数を打っていることで、
よりモテやすくなっていくんです。

(ちなみに私もこれまで10万人以上の女性に直接的、
間接的にアプローチしてきました。)

 

モテない男性は数の感覚がズレている

逆に上手くいかない男性は女性に、
アプローチする数が極端に少ないです。

「今、気になっている女性が1人いるのですが、
どのように仲良くなればいいでしょうか?
自分は恥ずかしながらまだ童貞で女性経験がありません。
アドバイスをいただければ幸いです。」

「SNSで3人の女性にメッセージしてみたのですが、
誰からも返事がありません…
女性に嫌がられてしまったのでしょうか…?
心配です…」

「二人の女性とLINEのやり取りをしています。」

というような感じです。
こういう感じだとなかなか上手くいきません。

 

私も最初はそうだったのですが、
数を打つということを意識できていませんでした。

また女性に拒絶されることを恐れて、
積極的に話しかけることもできていませんでした。

会話が下手とか、顔があまりカッコよくないとか、
ファッションに疎いとか、
そういう部分をモテない原因として挙げる人は多いですが、
それ以前に出会いの数が少なすぎてモテていない人も多いのです。

(というか、こんな少ない数なら私でも上手くいかない可能性が高いです^^;)

理由はともあれ、この数の感覚の違いが、
モテるモテないという差を生み出す大きな違いになっています。

モテる男性は数を打っています。
恋愛が上手くいかない男性は数を打っていません。
ここに大きな差があります。

 

参考動画:幼虫相手でも声かける男

ちなみにその数の重要性について
ある意味、わかりやすい動画がありましたので、
ご紹介したいと思います。

これから恋活をする男性には絶対に見てほしいです^^

ロバート秋山 honto+連載「クリエイターズ・ファイル」第12回

『プロスカウトマン荒井裕次郎』

という動画です。

 

 

お笑いトリオのロバートの1人である、
秋山竜次さんが“実際にいそうな人を演じる”という動画シリーズです。
この動画ではプロスカウトマンを演じています。

芸能人やモデルさんのスカウトマンですが、
これまでに声を掛けた人数はなんと…

二億人。

色々な意味でツッコミどころ満載ですが、
数を打つことの重要性が伝わります。
あと、声掛けに勢いが大事だというのも伝わりますね。

 

ちなみに、動画の中でも特に印象深いと思ったセリフはこれです。
(1分40秒あたりから)

「虫であろうが幼虫であろうが
なんであろうが
命があるものは全部スカウトする」

正直、お茶飲んでて吹きました。

え、虫💦

虫もスカウトするの?

 

マジか…笑

 

いや…まぁ、でも、こういう気概というか、
ノリは大事ですよ。

女性との出会いを増やすときにも大切です。

本当に。

声かけた数は2億ですからね。

(日本人口を遥かに超えてますが…。
虫に向かって「お~い」って話しかけてるので、
超えていてもおかしくないですが(笑))

 

このマインドは恋愛でもまったく同じですね。
たくさんの女性に声をかけないと何も始まりません。

まぁ、虫(メス)に声をかけるかどうかは別として、
数をガンガン打つというマインドがすごい大事ですので
ぜひこのプロスカウトマン荒井裕次郎の勢いを参考にしてみてください。

それでは今日は以上です。
読んでいただきありがとうございました。

 

 

追伸:

とは言っても、

「もともと人見知りだからそんなに
ガンガン行動できないよ。」

「どうやって出会いを増やせばいいんだよ?」

「数を打つっていっても、
具体的に何をすればいいの?」

と思われているかもしれません。

行動することが大事、数を打つことが大事、と言われても、
具体的な方法論がわからなければ何もできないですよね。

 

ですので、そういう方向けに
女性と出会う方法について解説したノウハウをご用意しました。
(無料です。)

もし、あなたが女性との出会いを増やしたくても、
「何をしたらいいかわからない…」
「一歩を踏み出せない…」と思われている場合は
私のメルマガに登録してみてください。

引きこもり童貞だった私が、
インターネットを使って数多くの女性と出会い、
アイドルや社長令嬢、キャバ嬢、ナース、美容師、
エステティシャン、女子大生、女性起業家など、
様々な美女をゲットしてセックスしたノウハウを無料で公開しています。

↓ ↓ ↓

こちらをクリックしてください。

※メルマガは最初から最後まで無料で読めますのでご安心ください。

 

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その秘密を知りたいと思われた場合は、
以下のリンクをクリックしてください。


私が彼女を作っている方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
http://shomatanaka.com/web/lp2/

 

コメントは受け付けていません。