彼女ができないことに悩んでいる方へ

オタクはモテない?いや、むしろモテやすい

投稿日:2018年6月23日 更新日:

「彼女ほしいけど、
オタクだとやっぱりモテないのかな…」

「アニメやゲームが趣味だけど、
そういうことを言ったら女性に引かれる?」

もしかすると、そういう疑問や不安をお持ちかもしれません。

実際、世間一般のイメージでは、

「オタクはモテない」
「オタクはダサい」

と思われていますよね。

じゃあ、実際そうなのか?

と聞かれると実は…

そんなことはまったくありません。
むしろ昔に比べてオタクでも恋愛しやすくなっています。

 

というか…

 

むしろ“彼女がほしいモテないオタク男性”にとって、
かつてない恵まれた時代とすら言えます。

恋活中のオタクにとってかつてない最高の時代です。
はっきり言ってめちゃくちゃ彼女を作りやすいです。

 

まぁ、この流れはもう10年以上前から来ているのですが、
でも、ここ数年でますます強化されたな、と。

もし、あなたが、

「オタクだから恋愛は難しいかも…」

と思われている場合は、
その考えはあまりにもったいないです。

この記事ではそのことについてお話します。

 

オタクはモテない?いや、むしろモテやすい

 

では、なぜオタクにとって最高の時代だと言えるのか?
そしてなぜ彼女を作りやすくなったのか?

この記事ではその理由について書いていきます。

 

オタクがモテやすくなった理由1
人々のオタクに対する感じ方が変わった

私がそう思うのにはいくつか理由があるのですが、
まず1つは、

“以前に比べてオタクに対する偏見が薄らいでいること”

です。

 

昔は、

オタク=ダサい

オタク=キモい

というような偏見が、
少なからずあったように思います。

私の知人にはオタクであることを隠している人もいました。
隠れオタクのような感じで。

(今ではもう遠い昔の話のようにも感じますが…)

やっぱりそういうふうに思われていたら
恋活もしにくいですよね。
女性から引かれたりするかもしれませんし。

 

もちろん今もそういう偏見はあるのかもしれません。
ですが、昔に比べると、
世間のそういう認識はかなり薄らいでいると感じます。

私はアニメやマンガ、オタク文化史研究の専門家ではないので、
正確なことはわかりませんが、
おそらくは次のようなことが、
オタクに対する世間の見方を良くしてくれたのだと思います。

 

・海外でも日本のマンガやアニメが人気になっている
(輸出できるコンテンツ(商品)としての価値が高まっている)

・原作をマンガとする映画やドラマが増えている

 

・マンガファン、アニメファン、
 ゲーム好きを公言する有名人が増えた
(芸能人やモデル、youtuber、ブロガーなどでも多い)

・アニメーション技術の向上

 

・アニメのオープニング曲やエンディング曲に、
 話題の人気バンドや、アイドルの歌が使われるのが普通になった

・女性ファンを取り組むようなオシャレな雰囲気の作品も増えた

 

・クオリティの高い原作が増えている。
(あくまで個人的な感想ですが、
面白い作品が多く観るのが間に合わないです。)

・マンガやアニメ自体が一つの文化として認められてきている
 (「マンガばかり読んでるとバカになる」
  というようなセリフを久しく聞かない)

 

・女性ファッション誌や女性向けサイトでも取り上げられている
(例えばジョジョと高級ブランド品のコラボなど)

・女性向けコンテンツの充実
(例えば刀剣乱舞とか。)

 

・アニメのネット配信が気軽に見れるようになった
(スマホがあるのでどこでも見れる、
しかもサービスが定額で安い。)

・スマホで気軽にゲームができる
しかもソシャゲは最初無料なのでハードルも低い

 

・ソシャゲとのコラボ
(例えばアニメキャラ×パズドラというような)

・現実の世界を舞台にした作品も増えてきており、
感情移入しやすい、聖地巡礼のような楽しみ方もできる

 

・男女ともに声優の人気がすごい
(男性声優のファンを公言する女性も多い)

 

多分、こういうところなのかな?と。
(書き出してみると意外とあるな…)

まぁ、このようにですね、
世間の偏見のようなものもかなり薄らいでいるので、
今の時代は、オタクであっても恋活しやすいです。

 

オタクがモテやすくなった理由2
アニメ好き、ゲーム好きの女性が増え続けている

そして、上記の理由から
女性でアニメ好き、ゲーム好き、
マンガが好きという女性が増えています。

昔は一部の女性だけ、という感じでしたが、
(あとは隠れオタク)
今はかなり多くの女性が該当します。

もう本当に属性も問わないという感じで、
女子大生からOL、ファッションモデルやキャバ嬢、
アイドルまで様々な女性がアニメやゲームを楽しんでいます。

つまり男性側からしてみれば、
アプローチできる女性の数が増えたということです。

 

オタクがモテやすくなった理由3
同じ趣味の人と繋がるのが簡単

オタクに恋が簡単になった理由の3つ目は、
インターネットの存在です。

今はみんながスマホを持っています。
日本に住む人の大半がネットに接続しています。

インターネットの利点の1つは、
学校や職場のような小さなコミュニティにとらわれることなく、
同じ趣味を持っている人を簡単に見つけられることです。

そしてそういう人たちと簡単につながることができます。
もちろん相手が女性であっても、です。


で、インターネットで女性と出会おうと思ったのなら、
女性比率が高く何か夢中になれるものがあったほうがいいのですが、

(簡単に言えば女性と共有できる趣味や、
共通点があったほうがいい。)

アニメやゲームというのは、
女性と知り合うための接点として非常に優秀なのです。

 

例えば、

あなたが『ジョジョの奇妙な冒険』がすごい好きだとします。

同じジョジョ好きの女性と友達になりたいのなら、
SNSなどを使って声をかけていけば、
たくさんの女性と知り合うことができます。

(ちなみにジョジョはアニメ化の影響からか、
やたらと女性ファンが増えています^^;
昔はそうでもなかったと思うのですが…
女性ファッション誌でもコラボされたりもしていますからね。)

 

ソシャゲなんかもそうです。
双方向のコミュニケーションが取れるゲームであれば、
そのゲームを通じて女性と仲良くなることができます。

ゲームが好きな人からすると最高ですよね。

自分が好きなゲームを楽しみながら、
同じ話題を共有できる友達(女性)と知り合えるのです。

そしてそこから恋愛関係に発展することも
普通にたくさんあります。

私の知人にも、ゲームで女性と仲良くなって、
その女性とセックスしている人が何人かいます。

インターネットを使えば、
例え引きこもりオタク童貞のような人であっても、
女性と仲良くなれる可能性はあるのです。

 

というか…

アニメ好きやゲーム好きのオタクは
むしろモテやすいです。

それが女性と知り合うときの強力な接点として機能するので。
熱中できるものがあるというのは恋活でも強いです。

 

逆に言えば、

「特に好きなものはない…」
「会社と自宅の往復で毎日つまらない…」
「趣味とか楽しいこともないよ」

みたいな状態のほうが、
オタクよりもモテにくくてマズい状態ですね。

 

女性と知り合うための取っ掛かりがない上に、
つまらなそうにしていたら魅力にも欠けてしまうからです。

それよりは、

「オレ、オタクで他のことはからっきしだけど、
アニメにはめっちゃ詳しいよ。
好きな作品についてなら色々語れる。」

みたいなほうが断然モテやすいです。

 

まとめ

(最後少し脱線しましたが、
まとめます。)

以上のような3つの理由から、
今はオタク男性にとって最高の時代なのです。

オタクの男性が彼女を作るための環境が
完全に整っているからです。

実際、私も以前引きこもりのオタク童貞でしたが、
アニメをキッカケにかなり多くの女性と付き合うことができました。

またアニメをキッカケにコスプレイヤーの美女と知り合って
ゲットしたこともありますし、アニメ好きのキャバ嬢と付き合っていたこともあります。

インターネットさまさまであり、
本当にいい時代です。

 

この記事を読んでくれているあなたが、
オタクということであれば、
非常にモテるチャンスが多いと思います。

「オタクだからモテない…」

というのは完全に過去の話ですね。
(もう15年、20年くらい前のかなり古い常識)

 

PS:

ちなみに…
昔はこうだったと思います。
(特にネットがなかった時代やネット黎明期などは)

 

・日本のマンガやアニメが海外であまり知られていない
輸出できるコンテンツ(商品)としての価値が低い

・原作をマンガとする映画やドラマも少ない

・マンガファン、アニメファン、
ゲーム好きを公言する有名人はレアな存在

 

・OP曲やED曲はまさにアニソンという感じ
(それはそれで素晴らしいんですが^^;)

・今よりも画質が荒い
(これは制作サイドの技量というより機材の問題。
4KもフルHDもない、というか、デジタルでさえない。)

 

・「マンガばかり読んでるとバカになる」
というようなことを言う大人も多かった

・女性向けアニメやゲームなどのコンテンツが少ない
(むしろ若干の偏見もある)

 

・ネット配信がない。
観たければテレビの前で座して観るか、ビデオ録画。
またはビデオテープやDVDをレンタルする。

(ネット配信の定額見放題サービスに比べると
観るハードルが高い)

 

・ゲームはコンシューマーゲームしかない。
(そこまでゲームをしない女性からすると
何万円も出して本体を買うのはハードルが高い。
ソシャゲのような気軽さがない。)

 

・インターネットがないため少ないオタク女性同士繋がれない。
同じ趣味の仲間を見つけられず、
学校や職場でたまたま知り合った仲間同士でつるんでいるだけ。

・インターネットがないので世間の本当の声も聞こえてこない。
(本当はオタクが多いということもわからず孤立している)

 

さっきの逆バージョンですが、
こんな感じかな、と思います。

その結果、一昔前はモテないオタク男性には厳しい世の中でした。

 

偏見が蔓延している世の中で、
仲間もそう簡単に見つけられず、
出会いのキッカケは学校や職場や合コン、ナンパなどが主流。

そんな環境は、昔の私のような、
引きこもりオタク童貞にはキツすぎます。

(というか地獄以外のなにものでもありません^^;)

今はそんな人間でも割と楽に成功できるので、
本当にいい時代だと思います。

 

PPS:

そういう良い時代になった理由として、
特にインターネットの存在が大きいです。

インターネットは現在進行系で
既存のサービスや常識を破壊しまくっていますが、

その中の1つが、

“アニオタやゲームオタクなどへの偏見”であり、

そして、

“オタクにとって恋が難しい環境”だったのだと思います。

インターネットが壊してくれていなければ、
今も童貞だったかもしれません。

インターネットがモテないまま、
生を終えるはずだった自分の未来を変えてくれました。

 

PPPS:

こんな記事も書きました。
よければ併せて読んでみてください^^

オタクが彼女を作るための2つのポイント

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その秘密を知りたいと思われた場合は、
以下のリンクをクリックしてください。


私が彼女を作っている方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
http://shomatanaka.com/web/lp2/

 

-彼女ができないことに悩んでいる方へ

執筆者:

関連記事

「彼女ほしい…けど…めんどくさい…」そんな状況から抜け出すための簡単な方法

こんにちは。 恋愛コンサルタントの田中です。 このページをご覧になっているという …

no image

中二病童貞のほうが普通の男よりモテるようになる可能性が高い3つの理由

こんにちは。 恋愛コンサルタントの田中翔馬です。 今日は、 “中二病童貞のほうが …

彼女ができる、できないは運?それとも実力?

さきほど、ある掲示板を見ていたのですが、 次のような質問が目に留まりました。 「 …

no image

ブサイクでもモテるようになりますか?

少し前のことですがあるモテない方から相談を受けました。 一言で言えば、 「自分は …

あなたの彼女になりたいという女性はちゃんといる

こんにちは。 恋愛コンサルタントの田中翔馬です。 今日は、 “あなたの彼女になり …

無料プレゼント

プロフィール

プロフィール

 

ブログの管理人:田中翔馬
イジメが原因で対人恐怖症に近い状態になっていました。正直、恋愛もあきらめかけていたのですが、あることを知って状況が一変。女性からモテるように。

今では初対面の女性と出会って1時間以内にキスをしてゲットするという離れ業も会得しました。

「自分の経験が同じように恋愛に悩む方の役に立てれば…」と思い情報発信をしています。

さらに詳しいプロフィールはこちら

ブログのランキングサイトに参加しています。記事の内容が役に立ったと思われた場合は、以下のバナーをクリックして応援してもらえると嬉しいです^^


恋愛テクニックランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村