「がんばっているのに彼女ができない…」そんな焦りを感じている方へ。

この記事は恋活をがんばっているけど、
上手くいかずに悩まれている方向けの内容です。

もし、あなたが、

「色々がんばっているけど彼女ができない…」

「こんなに色々やっているのに、
なぜ上手くいかないんだ…!」

と焦りを感じている場合は、
読んでみてください。

状況を変えるために役立つかもしれません。

 

「がんばっているのに彼女ができない…」そんな焦りを感じている方へ。

こんにちは。
恋愛コンサルタントの田中翔馬です。

上手くいかないと焦りますよね。
これは恋愛に限った話ではありません。

自分が欲しいと思ったものが、
なかなか手に入らないと苛立つものです。

特にがんばっている人ほどそうじゃないかと思います。

ちなみに私もこれまでの人生で、
そういう経験を何度もしてきました。

恋活を始めた当初、
なかなか女性と仲良くなることができず
焦っていました。

200人の女性と知り合う機会があったのに
誰とも仲良くなれなかったり…

(そんなことあるの?と思われるかもしれませんが本当です。)

 

そういうことは他にもたくさんありました。
恋活でも、それ以外のことでも。

ですので、もしあなたが恋愛が上手くいかずに、
焦っている場合は、その気持ちを少しは理解できるつもりです。

ただ…

やはり焦った状態でがむしゃらに行動しても、
恋愛は上手くいきません。

むしろどツボにはまる可能性が高いです…。

私も焦って焦って行動して、
女性から嫌われたりきついことを言われたりしました。

 

焦れば焦るほど恋活が上手くいかない理由

恋活において焦る気持ちは危険です。

焦れば焦るほど状況は悪化する傾向にあります。

気持ちがはやることで、
正常な判断を下せなくなりますし、
女性に対してうっかり失言をしてしったり…

どうしてもミスしがちです。

 

それくらいならまだマシなのですが、
焦ることでネガティブな気持ちが芽生えることもあります。

そしてそういう負の感情は、
女性とのコミュニケーションにもにじみ出ます。

なかなか上手くいかない焦燥感

自分が女性から認められない怒り、

本当に彼女ができるのか?という不安…

他者への嫉妬…

それが女性に伝わってしまうんですね。

 

例えば、自分が女性に認められないことに怒りを感じていれば、
女性に対して攻撃的な態度を取ってしまったり、
自己嫌悪を感じていれば自分を貶めるような皮肉を
うっかり言ってしまったりします。

表情や態度、雰囲気にもにじみ出ます。

LINEのやり取りでもそれとなく伝わったりします。

結果として女性から嫌われてしまうことも…

私は何度かそういう経験しています。

 

「彼女ができない…」
そういう焦りを感じているときの対処法

ここまでお話したように焦れば焦るほど、
恋活は上手くいかなくなります。

焦っているときほどがむしゃらに行動したくなりますが、
それは逆効果になることのほうが多いです。

女性に伝わる云々ということを抜きにしても、
焦っていては正常な判断も下せないですし、
凡ミスもやってしまいがちです。

焦れば焦るほど泥沼にハマってしまうのです。

ですのでそうならないために、
対策を打つ必要があります。

今からそれについて解説します。

 

(1)その焦りが余計に自分を
目的から遠ざけていることを認識する

最初に大切なことは、

“焦ることで逆に目的から遠ざかっているということを認識すること”

です。

上手くいかないからと焦ること自体が、
結果がでない行動だということです。

その状態のまま行動しても
どんどん目的地から離れていってしまいます。

焦ってがむしゃらに行動した結果、
最悪疲れ果てて諦めてしまうかもしれません。

そんなことになったら本末転倒です。

だから、その気持ちでいること自体が問題、
だということを認識するところから始めます。

(2)彼女を作るために一時的に恋活を休止する

まずはその気持を薄めることです。
一旦リセットするようにします。

疲れているのであれば早めに寝るようにしたり、

気が滅入っているのであれば
どこかに遊びに出かけてみたり…

なんでもいいですが、
リラックスして調子を整えることが大切になります。

自分が焦っていることを認める

焦りが良くないことを認識する

気持ちを落ち着かせる

という流れです。

焦る気持ちが消えるまでは、
一旦恋活から離れることも大事です。

恋愛を諦めるのではありません。

彼女を作るという目的を達成するために、
一時的に休むということです。

 

気持ちを落ち着かせるための考え方1
やってきたことは無駄ではない

焦っている人の中には、

「今までの行動を無駄にしたくない
(無駄だと思いたくない)」

と考えている人もいます。

今まで自分が取り組んだこと、
行動してきたこと、
割いた時間やかけたお金を無駄にしたくないと思っています。

がんばった

でも形のある結果が出ない

これまでの行動が無駄だった

そう考えるのが嫌なんですね。

だからそれを回収したい、
無駄にしたくないと思って余計に焦ってしまいます。

 

ただ、1つ言えることは、

“これまでやってきたことに
無駄なことなんてない”

ということです。

仮に形のある結果にならなかったとしても、
確実に収穫はあるからです。

それは自分の成長です。

行動してきたのなら始める前と比べて、
間違いなくレベルアップしているはずです。

今まで知らなかったことを知ってみたり、
できなかったことができるようになっていたり、
何かしらの収穫があるはずです。

 

「いや、そんなものは何もない。
がんばったけど何も上手くいかなかった…」

と思われたとしても、
その失敗した経験自体がすでに収穫です。

“こういうふうにやってみたけど、
上手くいかなかった”

というデータが取れているので、
それだけでも確実に前進しています。

これは慰めているとか、
前向きに考えることが大事だ、みたいな話ではありません。

ただの事実です。

 

 

例えば、机の上に10個の小さな箱があるとします。
そこに1つだけ当たりの玉が入っているとしましょう。

9個ははずれです。

で箱を開けてみたらさっそく外れでした。

1個ハズレを引いたということは、
残りの箱は9個になるわけですから、
当たりにたどり着く可能性は上がります。

同じ箱を何回も何回も開けたりしないですよね。
仮にまた開けてしまっても次は気をつければいい…。

そうやって行動していれば、
着実に正しい方に進んでいけます。

 

箱の例えがわかりにくければタイムリープだと考えればいいです。
(余計にわかりにくかもですが…)
ここ数年、タイムリープもののラノベやアニメが流行っているのをご存知でしょうか。

意識だけ過去に戻ってやり直しができる、
というような話ですね。

 

タイムリープものの作品では、
多くの場合、登場人物たちは何度も失敗を経験します。

人間関係が壊れてしまったり、
ときには誰か死んでしまったり、

大きな失敗をして挫折、
過去に戻って何度もやり直します。

そして最終的には成功を勝ち取る…

 

それができるのは主人公たちが、
過去の失敗(前の世界で体験した失敗)から学んでいるからです。

失敗の経験があるからこそ、
成功できているわけですね。

もちろん現実世界ではタイムリープはできません。

死んだら生き返れませんし、
過去にも戻れません。

でも、失敗を次に活かせる点は同じです。

その本質は変わりません。

まったく同じ場面は訪れないとしても、
その失敗があるから強くなれます。

 

だから、

「行動した結果、何も得ることができなかった」

なんてことはないのです。

必ず何かを得ています。
そしてそれは次の行動の際に力になってくれます。

今までの行動が無駄になることはない、
ということです。

 

気持ちを落ち着かせるための考え方2
まだできることは残されている

もう一つお伝えしたいことがあります。
それは、

“まだ希望は残されている”

ということです。

どういうことか説明します。

 

現状、恋活をがんばってきて上手くいっていない、わけですが、
それはなぜなのでしょうか。

考えられることは色々ありますが、
基本的には正しくやれていなかったからでしょう。

または単純に行動の量が足りていないか、です。

(行動をしてからの時間の経過が十分ではなく、
まだ芽が出ていないという可能性もあります。)

 

ただ、どちらにしても、

“すべてを正しい方法で最大限にやりきって、
それでも結果が出ていない、というわけではない”

ということです。

その可能性が高い。

つまり、

「万策尽きた…」

という八方塞がりの状態ではなく、
やれることが残されているはずです。

試していないことがあるはずなのです。

できることがあるはずなのです。

それはつまり希望が残っているということでもあります。

 

本当にすべての手を尽くしたのか?

行動の方向性が違ったのではないか?

それを見直せばまだ試していないことが見つかるかもしれません。

できること、希望を探しましょう。
きっとあるはずです。

 

また私の話で恐縮ですが、恋活が上手くいかなかった私は、
一旦焦る気持ちを忘れることにしました。

そして自分がやってきたことを見直しました。
すると、色々なことがわかったんです。

 

・自分に合った出会いの場を使えていなかった

・身だしなみを整えていなかった

・女性と上手く話せなかったけど、
そもそも話すネタ自体全然持ってなかった

・まだ仲良くなっていない相手に対して、
用もないのに頻繁に連絡をしていた

・ずっと敬語で話していてよそよそしかった

 

などなど…。

これはあくまで数ある中の1部ですが、
「もっとこうすればいいんじゃないか?」
という改善点がたくさん見つかりました。

できることはちゃんと残されていました。

 

また、ここから始めよう。

この記事では、

恋活が上手くいかないときほど落ち着いたほうがいい

ということをお話しました。

私も結果が出ずに悩んだことがあるので、
焦る気持ちは理解できます。

ただ、焦ってがむしゃらに行動しても
泥沼にハマる可能性が高いです。

冷静な判断ができなくなりますし、
気持ちがはやることでミスもしやすくなります。

焦りや負の感情は女性に伝わります。
本当に全然良いことがありません。

それよりは一旦休んで気持ちを切り替えたほうがいいでしょう。
そして落ち着いたらまたここから始めたらいいのです。

私は上手くいかないときそう考えるようにしています。

ということで、

【恋活で結果が出ずに焦ってしまったときの対処法】

についてでした。

恋愛活動の参考になれば幸いです。
読んでいただきありがとうございました。

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
こちらをクリックしてください

 

コメントは受け付けていません。