お酒を飲めない男はモテない?恋活でも不利なのか?

今日は、

【お酒飲めない男はモテないのか?】

というテーマで記事を書いてみたいと思います。

どういうわけか、
私には周りにはお酒が飲めない方が多いです。

少し口にするだけで顔が真っ赤になってしまったり
すぐに眠くなってしまったり、
場合によっては飲み会の後半は持ち場がトイレになったり…

そういう飲めない知り合いが多いです。

 

で、そういう人の話を聞いていると、
飲めないことに若干のコンプレックスに思っている節があります。

そして彼女ほしいと思っている男性の場合は、

「それで不利になるんじゃないか?」

と少し気にしていたりします。

そこでこういう記事を書いてみました。

では、実際のところどうなのでしょうか?
お酒を飲めないと恋活で不利になるのでしょうか?

今日はそんなお話です。

 

恋活において飲めないことによるデメリット

不利になると考えるということは、
何かしらのデメリットがあるということです。

まずはそれから考えてみましょう。


(1)一部の出会いの場が使いにくい

例えば、職場の飲み会やパーティー、
合コン、オフ会などですね。

そういう場所に参加しにくくなるのが、
飲めないことの最大のデメリットかと思います。

(恋活においてのです。)

そういう場所はお酒を勧められることが多いので、
いつも断らないといけないですし、
周りが酔っている中で一人シラフというのもつまらなく感じるかもしれません。

もちろん飲まなくても参加することは可能です。
気にせず楽しめるならデメリットでもなんでもありません。

ただ、やはり多くの飲めない人にとって、
お酒の席は近寄りがたい場所かと思います。

そういう出会いの場に参加しにくくなるのが、
飲めないことのデメリットでしょう。

 

(2)デートで居酒屋やバーに行きにくい

まったく飲めないということであれば、
女性とデートする際に居酒屋やバーを選べなくなります。

(絶対行けないわけではないですが、
あまり気が進まないはずです。)

そういう場所に行きにくい、というのは、
“単純にデート場所の選択肢が減る”という意味でデメリットになります。

 

(3)なんとなくかっこ悪い気がする

世の中にはお酒を飲めない人のことを、
「かっこ悪い」と思う人も少なからずいるようです。

これはただの体質の問題なので、
実際はかっこ悪いも何もありません。

ただ、本人がお酒を飲めないことに劣等感を感じていたり、
お酒の席で周囲に対して遠慮がちにしていると、
頼りない雰囲気が出る懸念も0ではないでしょう。

これは周りがどう思うか?

ではなく自分がどう思っているか、という問題です。

 

(4)お酒の力を借りれない

「お酒を飲むことで緊張がほぐれる」
「飲むと積極的になれる」と言う人もいます。

実際、私もそう考えていたことがありました。

まだ恋活を始めたばかりの初心者の頃、
ネットで知り合った女性と初めて通話をすることになったのですが、
緊張を解すために軽くお酒を飲みました。

通話の約束の時間の前に少量のブランデーを飲んで臨みました。
(なぜブランデーなのかは覚えてませんが…^^;)

私の場合は酔うと細かいことが気にならなくなるので、
(やや大胆になるので)そういう効果を期待したんです。

こうやって気持ちを解せるのが、
お酒のメリットかと思います。

飲めない人にはそれが使えません。

 

飲めない男性はモテないのか?

ここまで、“お酒を飲まない男性の恋活におけるデメリット”を見てきました。

実際、それは問題なのでしょうか?
恋愛活動をする上でかなりのハンデになるのでしょうか。

その問に関する私の答えはこうです。

“飲めなくても恋活においては大したハンデにならない。
気にする必要はない”

です。

お酒がまったく飲めなくても、
恋活に支障をきたすことはありません。

 

たしかに出会いの場によっては、
居心地の悪さを感じることもあるかもしれません。

特に飲み会や合コンなどはそうですね。

そういう場所に行きにくいということが、
飲めないことの最大のデメリットです。

(つまり先ほどの(1)ですね。)

 

ただ、それ以外は正直、どうということはありません。
ほとんど問題にならないです。

というか、お酒を飲まなくても出会える場所はたくさんありますので、
飲めないことが恋活のネックになるようなことはないです。

(例えば私がブログやメルマガで発信しているような
インターネットを使った出会いもそうです。)

 

女性とのデートの行き先にしても色々あります。
別にバーや居酒屋に行く必要もありません。

付き合いで行く機会があったとしても飲まなければいいだけです。

また、“お酒が飲めなかったらかっこ悪い”ということもないです。
ただの体質の問題ですからね^^;
飲めない人をかっこ悪いなんて言う人がいたら、
そっちのほうがかっこ悪いです。

 

お酒を飲むことによるリラックス効果を得られない、
緊張を解せないというのはあるかもしれません。
ただ、これにしても別に必要ありません。
慣れればシラフでも全然大丈夫です。

ちなみに私も女性と接するときは基本的にシラフです。

先ほど、

“インターネットで知り合った女性と通話する前に、
緊張を解そうとして酒を飲んだこともある”

と書きましたが、
それが最初で最後ですね。

シラフでも問題ないことがわかったので、
それ以降はそういうこともしていません。

 

実際、これまでに結構な数の女性と関係を持ってきましたが、
その9割とはお酒を一緒に飲むことすらしていません。

(私がお酒をあまり好きではない、というのもあります^^;
体質的には割と飲めるほうなのですが、
そんなに好きではないんです。
今は誕生日やクリスマスのようなパーティーや、
飲み会で多少口にする程度ですね。)

恋愛テクニックや女性心理の理解、
そしてなによりも自分を磨いてさえいれば、
お酒に頼らなくても女性と仲良くなることは容易です。

普通に好きになってももらえます。

だから飲めないことを気にする必要はありません^^

ということで、

今日はお酒と恋活についてのお話でした。

読んでいただきありがとうございました。

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その秘密を知りたいと思われた場合は、
以下のリンクをクリックしてください。


私が彼女を作っている方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
http://shomatanaka.com/web/lp2/

 

コメントは受け付けていません。