恋愛は好きになったほうが負け?じゃあどうすればいいの?

こんにちは。
恋愛コンサルタントの田中翔馬です。

今日は、

“恋愛は好きになったほうが負け”

ということについて、
恋愛ノウハウの視点からお話します。

この記事を読んでいただければ、
実際のところどうなのか?
ということがわかります。

また、知っているだけでも
女性にモテる可能性が上がりますので、
興味がありましたらぜひ読んでみてください。

 

恋愛は好きになったほうが負け?

まず、最初に結論からお話します。

“惚れたほうが負けなのか?”
というこの問いですが、
これは恋愛ノウハウの視点から見ても正しいです。

(厳密に言えばほぼ正解という感じです。
なぜなら好きになっても負け確定ではないから。)

基本的に恋愛は好きになったほうが負けです。

負けということはつまり、
彼女を作るのが難しいということです。

その理由についてお話します。

惚れた側が負けである理由

これについても結論からいいますと、

相手を好きになってしまった時点で
二人の関係は相手のほうが優位になるからです。
相手に恋の主導権を握られてしまうんですね。


「主導権を握られるとどうなるの?」

と思われたかもしれません。

主導権を握られてしまうということは、
相手の気分次第で恋愛の行方が決まるということです。

つまり、女性との関係が上手くいくかどうかは、
その相手の女性次第ということです。

いつフラれてもおかしくない状態とも言えます。
とても危険な状態です。

 

恋愛は好きになったほうが負け
例を出すとこんな感じです。

わかりやすいように例を出して説明します。

例えばA君とB子さんがいるとします。

A君はB子さんに惚れています。

彼女と仲良くなりたいと思っていて、
同時に嫌われたくないと思っています。

でもB子さんはA君のことをなんとも思っていません。
(悲しいですが…)

友達とすら思ってなくて、知人程度にしか考えていません。
B子さんはA君に嫌われても別に痛くも痒くもないのです。

この状況だと立場的にA君のほうが弱いですよね。

 

立場が弱いとどうなるでしょうか?

A君はB子さんに嫌われたくないので、
彼女の顔色を伺うようになります。

相手の機嫌をうかがって、
B子さんの行動や言動に敏感になるようになります。

(怯えるようになる、
と言ってもいいかもしれません。)

 

こうなるとA君は大胆な行動を取ることができなくなります。
B子さんを口説くことはもちろん、
仲良くなるためのアプローチも躊躇しがちになります。

(例えば女性をからかったりです。
本来であれば効果的なそういうコミュニケーションも
取れなくなる傾向にあります。
嫌われるのが怖いからです。)

 

そして、さらにA君の好意がB子さんにバレたらどうなるでしょうか?
その場合はB子さんがより強く主導権を握ることになります。

「へぇ、A君って私のこと好きなんだ?
ふーん、どうしようかな?」

となるわけです。
相手にすべての決定権があるのです。

 

商売で考えるとわかりやすい
~お願い営業はしんどい~

この状況は商売を例にして、
考えるとよりわかりやすいと思います。

例えばあなたがとても価値の高い宝石を持っているとします。

ですが、その宝石は世界にただ1つ。
あなたが持っているものだけです。

そして世界中のコレクターがそれを欲しいと思っています。

 

「1000万出すからそのアイテムを私に譲ってくれ!!」

「いいや、俺は2000万出すぞ、俺に譲ってくれ!」

「お願いします、私に売ってください!」

とこんな状況です。

 

この状況ならあなたの立場は、
非常に強いです。

 

・売るのか売らないのか?

・売るなら誰に売るのか?

・いくらの値をつけるのか?

全ての決定権はあなたにあります。

 

「そんなに売ってほしいの?
うーん、どうしようかな?
まぁ売ってあげてもいいけど。
あ、でもやっぱやーめた。」

みたいなことさえできます。
(まぁこれだと性格の悪い人ですが^^;)

 

 

まとめ

先ほどの話はちょっと極端な例ですが、
本質的なことを言えば、
さきほどのA君とB子さんの関係もこれと同じです。

A君がB子さんに惚れた時点で、
B子さんのほうが立場が上です。

「私のこと好きなの?どうしようかな。
まぁ付き合ってあげてもいいけど…。」

となってしまうわけです。

 

付き合ってあげてもいいって何様だ、となりますが、
でも相手のほうが優位なので仕方ありません。

これだと運良くB子さんと付き合えたとしても、
A君は飽きられた時点でいつでもフラれてしまいます。

相手を好きになるとこんなことになってしまうんですね。

だから恋愛は好きになったほうが負けなのです。
相手に主導権を握られたら負けです。

恋の駆け引きという言葉があるように、
恋愛は心理戦のようなところがあります。

その女性をゲットするまで、
油断してはいけないということなのです。

 

PS:

もしかするとこの記事を読まれて、

「“恋愛は好きになったほうが負け”なのはわかった。
でも、そうすると、好きな女性をゲットできない、ということになるのでは?じゃあ、どうすればいいの?」

と思われたかもしれません。

好きになったほうが負け → 好きになった時点で女性が有利

ですから厳しい状況です。

たしかにそのとおりですね。

じゃあ、どうすればいいか?

といいますと、

“相手がこちらに惚れるまで
好きという気持ちを自制すること”

がポイントになります。

主導権を握るために、相手がこちらを好きになるまで、
つまり、相手が負けるまで、
こちらは負けないように感情をコントロールするということです。

意識して好きにならないようにしていれば、
負けることはありません。

負けることがないということは、
その女性をゲットできる可能性が飛躍的に高まるということです。

簡単ではないかもしれませんが^^;
でもモテる上では結構重要なことだったりします。

 

よければこちらの記事も併せてどうぞ

→ 恋愛初心者がいきなり好きな子を落とすのは難しい

 

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その秘密を知りたいと思われた場合は、
以下のリンクをクリックしてください。


私が彼女を作っている方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
http://shomatanaka.com/web/lp2/

 

コメントは受け付けていません。