「一度も彼女ができたことがない…」モテないなら妥協も必要?

こんにちは。
田中です。

今日は、

【女性の容姿に対する妥協】

ということをテーマに書いてみようと思います。

つまり次のような悩みについてです。

 

「自分は一度も彼女ができたことがない…」

「なぜだろう、やっぱり理想が高いのが原因なのか…?」

「妥協してとりあえず彼女を作ったほうがいいのだろうか…?」

「でも…別に誰でもいいというわけじゃないし…
そもそも好きじゃない相手と付き合うってどうなんだ…?」

 

と、こういう内容です。

(女性からすると「妥協って何様だ」
「失礼だろ」という感じかもですがm(__)m
ただ実際は避けては通れない問題ですので。)

もし、同じように悩まれている場合は
参考になるかと思います。

ぜひ、読んでみてください。

 

「彼女ができない…」そういう場合、
女性の容姿に妥協して付き合うのはありか?

では、見ていきます。

当たり障りのない前置きは抜きにして、
いきなり結論を言います。

私の考えとしては、

“もし、女性にモテるようになりたいと思うなら、
好きじゃなかったとしても
試しに付き合ってみるのがいい”

と思っています。

もちろん嫌いな女性と無理に
仲良くしようとしたりする必要はありません。

ですが、ある程度、好感を持てる女性であれば、
試しに付き合ってみたほうがいいです。

私はそういうふうにしてきましたし、
そうして良かったと思います。

 

※ちなみに理想を貫くべきか、妥協するべきか?
ということであれば、これは前者になります。

その理想を手にするために、
自分を高めるために一時的に妥協して、
恋愛経験を増やすということです。

(女性からすると失礼に感じるかもしれませんが…)

もう少し詳しく説明します。

 

なぜ惚れた相手以外とも付き合ったほうがいいのか?

なぜ、好きになっていない女性とでも、
付き合ったほうがいいと思うのか?

それにはいくつか理由がありますが、
一番の理由はこれです。

↓ ↓ ↓

恋愛という分野も、料理やスポーツ、英会話などと同じく、
実際の経験を積まないと上達しないから
そして上達しなければモテるようにもならないから

です。

恋愛もその他のジャンルと同じで、
やらなければわかりませんし、
上手くもなりません。

 

例えば、野球に例えて言えば、
一度もキャッチボールをしたことがない人が、
試合でいきなり活躍はできませんよね。

包丁を握ったことさえない人が、
いきなり本格的な料理を上手く作ることはできません。

それと同じです。

 

恋愛に上手い下手なんてあるの?

これを読まれて、
もしかすると、

「上手いとか下手とかじゃないだろ…
お互いを想う気持ちの問題だろ」

というように感じられたかもしれません。

実は私も昔はそう思っていました。

“恋愛はどれだけ相手を好きになれるか。
真剣に想えるか”

だと。

 

ただ、現実はそれだけでは上手くいきません。
そんな甘いものじゃないです。

恋愛にはロマンティックな側面もありますが、
“弱肉強食の世界”という面もあります。

強者は恋愛を謳歌し、
弱者は見抜きもされない厳しい世界です。

男女問わずモテる人が
恋愛の主導権を握ることができます。

相手と付き合うかどうかも自由自在に選べます。
選択権は強いほうにあります。

強い、弱いがある世界です。

そしてその実力は経験に比例します。

 

良くも悪くも恋愛は経験がものを言う世界

恋愛の世界では経験を積めば積むほどモテやすくなります。

女性と接することにも慣れますし、
色々なことが肌でわかります。

女性心理も感覚で理解できてきますし、
恋愛の駆け引きも上手くなります。

会話にも慣れてきます。
どういう話題を選べば女性と仲良くなれるか自然とわかってきます。

女性に好かれることでそれが自信にもなります。

基本的には、恋愛経験が増えれば増えるほど
モテやすくなっていきます。

 

逆に経験がないとわからないことが多いのが恋愛です。
経験不足だと本当に色々なことがわかりません。

例えば、自分が女性のためだと思ってやったことでも、

「そういうの重い…」

と言われてしまったり…

女性のやりたいことを尊重しようとして
相手のしてあげたいことをしようとしていたら、

「もっと自分の意見を言ってほしい」

と言われてしまったり…

 

自分が良かれと思ってやったことでも、
それがきっかけで女性との仲がこじれることもあったりします。

男女の感覚に大きな違いがあるからですね。

こういったことも恋愛経験がないとわからないのです。

(女性と深い付き合いにならないと見えないことも多い)

 

恋愛は良くも悪くも経験がものを言う世界なのです。

そう考えると、

「理想の女性としか付き合わない」

と考えるのはどうなのでしょうか?
それは何も学べず初心者のままということです。

それだと、いざ理想の女性と巡り会えたときに、
力が及ばずに悔しい想いをすることになるかもしれません。

それは悲しいことだとも思います。

 

だからその理想の女性と付き合いたいと思うなら、
むしろ色々な女性と付き合って女性を知ったほうがいいです。

(女性の好みの幅を変に狭めずに、
色々な人と付き合ってみたらいいんじゃないかな、と思います。)

 

そうやって経験を積んでいけば、
理想とするような女性と出会ったときに
仲良くなれる可能性が高いです。

(いい勝負ができるようになります。
勝負というとあれですが、
恋愛は戦いみたいなものですので。)

妥協をするのでもなく、
理想をあきらめるのでもなく、
経験を積むために、です。

 

PS:

好きでもない女性と付き合うのは失礼か?
ということに関しては、
別に失礼ではないと思います。

男女の関係になってからしかわからないこともありますし、
付き合いながら相手の良い面を探していく、ということもできます。

また、付き合うからには相手のことを考えて
真剣に付き合うようにすればまったく失礼ではありません。

 

PPS:

ちなみに…

恋愛は好きになったほうが負け、と言われますが、
これは結構当たっています。

その視点で言えば、

好きになった女性を狙っている時点でその人は負けている
(女性側のほうが有利になっている)
と言えます。

だからモテる男性は簡単に女性を好きになりません。
魅力的な女性であることは認めても、
好きにならないように自分の心をコントロールしていたりします。

参考までに。

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その秘密を知りたいと思われた場合は、
以下のリンクをクリックしてください。


私が彼女を作っている方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
http://shomatanaka.com/web/lp2/

 

コメントは受け付けていません。