童貞は勝ち組なのか?

こんにちは。
社会人になるまで童貞だった田中翔馬です。

今日は“童貞”について考えてみようと思います。

というのも、
インターネットのまとめサイトを見ていて
次のような記述を見つけたからです。

「童貞でも気にする必要はない。」

それを見て、

「うんうん、そうだよな。
童貞であることを気にして消極的になるのはもったいない。
気にせずガンガン女性にアプローチしたほうがいいよ。」

と思いました。

童貞であることって、実は本人以外はあまり気にしてないんですよね。
本人からするとかなり深い悩みで苦痛なんですけど、
他人からすると関心のないことだったりします。

 

ですが、童貞の人は、自分が童貞であるという事実がコンプレックスとなって
ますます恋愛に消極的になってしまいがちです。

「女性にバレたらバカにされるんじゃないか?」
と考えてしまうんですね。

 

でも、実際女性の大半は気にしてないです。
童貞だから嫌いになるとかバカにするとかそういうことはほぼない。

だから

「童貞でも気にする必要はない」

というアドバイスはすごくいいなと思いました。

ただ中には「ん、それは違くないか?」というアドバイス(?)もあったので、
今日はそのことについて書いてみようかと思います。

(前置きが長い…)

 

 

実は童貞好きの女性も多いってホント?

まとめサイトの記事に、
「童貞の男性はむしろ女性から見て好印象」
というような一文がありした。

これはある意味そういう面もあるんですけど、
ただそのまま鵜呑みにすると危険なところでもあります。

私は男なので女性の気持ちを完全に理解することはできませんが、
彼女たちの言う童貞のほうがいい、っていうのは、
男としてのスペックが高いけど初(うぶ)な男性、っていう意味だと思いますよ。

例えば、

・人柄が良くて友だちが多い男性
・髪型やファッションなどの身だしなみにも気を使ってる男性
・優しくてまじめな男性
・仕事ができる男性
・イケメン

などなど。

スペックは高いけど、まだ女性経験がなくてうぶ。
女性からすると、ちょっとかわいい、みたいな。
経験者のお姉さんが自分好みに育てたい、みたいなやつですね。

そういうのはあると思います。

たまに、“童貞ハンターの女性がいる”みたいな話がありますよね。
実際はそういうことってほとんどないでしょうが、
いるとしたらこういうパターンくらいでしょう。

でもそれは男性の魅力が高い場合に限ります。
魅力が低くてモテない童貞男性を好き、
という女性はいないと思ったほうがいいです。

いたとしても少数派。

 

童貞であることを気にして消極的になる必要はありませんが、
だからと言って
「童貞にも需要があるんだ」
みたい変なプラス思考や期待を持つのはやめたほうがいいと思います。

 

童貞はむしろ勝ち組なのか?

もう一つ。

童貞は勝ち組という謎の考え方。

たまにそういうのを見かけます。

うーん、それはないでしょう…(汗)

だって私が童貞のとき…
普通に辛かったですからね。

 

大学時代に友人知人と話していると
「誰と誰が付き合ってるらしい」とか
「今好きな人がいるんだけど、お前にはいるの?」

とか聞かれたりして、
自分に経験がないことをバレないようにしたり、
それとなく、

「好きな子?今はいないかな〜。」

とはぐらかしたりするのがすごく嫌でした。

 

また自分にも自信を持てないのも辛いです。

オレって男としてダメなのかな…?
魅力ないんだろうな…

なんて考えたりするのも辛いし苦痛。

性欲が満たされないとか、
彼女がいなくて寂しいとか、
ぶっちゃけそんなことはどうでも良かったんですけどね。

“童貞=男として魅力がないんじゃないか?”と思うことが
悲しくて、悔しかったです。

「なんで周りのやつらは普通に生活してるだけなのに
彼女ができてんの?なんでそんなことが自然にできるの?」

っていつもほんの少しの苛立ちと
自分の力不足による情けなさを感じてました。

 

勝ち負けの基準がよくわかりませんが、
あの精神的な辛さが勝ち組の特権なのだとすれば、
過去の私はむしろ負け組になりたいと思ったはずです。

少なくとも私は童貞を卒業して嬉しかったですし、
恋愛関係に自信がついたことも本当によかったと思っています。
自分に自信が持てますからね。

 

まとめ

元どん底のモテない童貞だった私の結論

↓ ↓ ↓

“童貞であること自体は別にいけないことではない。
また誰も人のことなんて気にしていない。
童貞だからといって恋愛に消極的になる必要はない。
ただ、童貞であることのメリットのようなものもないし、
それをウリにすることもできない。”

他人は誰かが童貞であることを気にしたりはしないです。
人間はみな自分のことに興味関心があるので、
いちいち他人のことばかりを考えたりしません。
そういう意味では、あまり気にしなくていいと言えます。

 

ただ、そうはやっぱり自分自身では気になるし、
自信も持てないことが多いのではないでしょうか。
少なくとも私はそうでした。
だから気になるなら彼女を作って卒業することをオススメします。

「童貞でも大丈夫なんじゃないか?」
「人生恋愛がすべてじゃないんだ!」
「もしかしたら童貞のほうがメリットがあるのか?」
みたいな安心材料を探すのはあまり意味がない気もします。

 

ちなみに

昔は30過ぎても童貞なら死ぬまで童貞、
みたいなことが言われたそうですが、
それは今の時代には当てはまりません。

インターネットを使えば割りと簡単に女性と出会えるし、
童貞も卒業できるからです。

このブログ内でも色々情報を書いているので
よければ参考にしてみてください。

 

それでは読んでいただきありがとうございました。

 

 

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
こちらをクリックしてください

 

コメントは受け付けていません。