マッチングアプリはやめたほうがいい

ここ数年のトレンドとして、
マッチングアプリを使った出会いが人気です。

出会いを求めている男性と女性を
マッチングするサイトやアプリですね。
Facebookを使った認証があることや、

月額課金制であること、(定額な場合が多く安心)
あとは芸能人を使った宣伝をしていたり、
クリーンなイメージを打ち出した出会いの場です。

『きれいな出会い系サイト』のような感じでしょうか。
(まぁ、出会いにきれいも汚いもないですが^^;)

 

インターネット上の恋愛情報サイトでもマッチングアプリがすごい人気です。
ネットを使った出会いを推奨しているサイトは、
どこもかしこもマッチングアプリ推しの状況です。

ただ、私は恋愛コンサルタントの立場として、
クライアントの方々には次のように伝えています。
“基本的に恋愛に苦手意識の強い男性は
マッチングアプリを使わないほうがいい”と。

そういうサイトやアプリが出会えないとか
詐欺だとかそういうことではないのですが、
恋愛弱者の男性が使っても上手くいかないことが多いからです。

 

マッチングアプリはリア充に向いている場所

マッチングアプリとはどんな場所か?
ということを考えるとその理由がわかります。

どんな場所か?と言えば、
その名のとおり男女をマッチングするための場所ですよね。
つまり出会うための場所です。

サイト運営者がどれだけクリーンなイメージを演出しても、
極論を言えば、
マッチングアプリ=セックスする相手を探す場所、です。

男女の出会いである以上、
最終的にはそこに繋がります。

 

もちろん、中には純粋なお友達を探している人もいると思いますが、
多くの人は異性としてのパートナーを探しているはずです。

基本的に大抵の方は、

「彼女ほしいな~」
「あー、セックスしてぇ」

と思って使っていると思います。

で、重要なのはこれは女性側も同じ、
だということです。
マッチングアプリを使う女性の思考回路も基本的にはそうです。

「彼氏ほしいな~」
「セックスしたいな~」

です。

だから、恋愛弱者の男性はマッチングアプリを使ってはいけないんです。

だって考えてもみてください。

そういうとき、
女性はどういう考え方をするようになるでしょうか?

普通は“その女性にとってカッコいいと感じる男性”を選びますよね。
ほとんどの女性は「いい男いたらなぁ…」と思って使っているわけです。

「実際に優しい人かどうか、
性格のいい人かどうかは話してみないとわからない。
でも、なるべく好みの人を選んでアプローチしよう」

そう考えるわけです。

「外見が悪くて会話も下手で、
コンプレックスの塊のような男でも
優しくしてくれればいいや」

なんて思う女性は少数派です。

 

特にサイトで相手を選ぶ段階から、
そういう考えの女性はかなり少ないです。

つまり、こちらの顔写真やプロフィールを見られたとき、
女性に「この男はありね」と思ってもらえないと終わりだということです。

そしてその取捨選択は結構厳しいです。
顔写真を見て好みでなければあっさりスルーなんてことも多いです。

だってイケメン男性もたくさん登録していますから。
そいつらにも勝たないといけないわけです。

 

ポイントは次の2つです。

・顔写真やプロフィールだけで女性に選んでもらえるか?
・他のライバルよりも魅力的かどうか?

この2つの質問に対して「YES!!」と答えられる場合は
マッチングアプリはありです。

「モテないんだけど、
顔はかなり整っていると言われる」

という方には向いています。

「モテないけど、仕事はちょっとカッコいいって言われる。
(例えば、インテリアデザイナーや美容師など、
女性ウケのいいような職業など。他にも色々ありますが。)

そういうことであってもマッチングアプリはありです。

ですが、もしそうでないのなら、
やめておいたほうがいいでしょう。

ちなみに私は両方とも余裕で「NO」でした。

 

つまり…

つまり何が言いたいのかというと、
簡単に言ってしまえば、

マッチングアプリは
“わかりやすい魅力のある男性が有利な場所”
ということです。

わかりやすいというのは例えばイケメンなどです。
瞬発力のある魅力を持っている人に有利なんです。

なぜなら、女性からしたら顔写真とプロフィールくらいしか
相手を判別する要素がないからです。

 

女性はこちらのことをじっくり見てくれません。
インターネットのニュースを見るときに、

(例えばYahoo!ニュースなど)
面白そうなタイトルだったり、
興味深いタイトルのものを選ぶと思います。

それと同じように顔写真やプロフィールをパッと判断されてしまうのです。
どれだけ優しい男性で、信頼できる人であっても、
ネット上ではその魅力は女性に伝わらないのです。

 

優しいとか思いやりがあるというのも、
とても強い武器ですが、
それは仲良くなった後で効果を発揮します。

女性と接点を持つことができなければ
その魅力は女性に届かないのです。

女性にすぐに伝わるのは、
顔がカッコいい
というようなわかりやすいウリです。

そして、恋愛に慣れていない男性は、
多くの場合そういう瞬発力のある魅力がありません。

だから恋愛弱者の男性にとって、
マッチングアプリはあまり適していないのです。

 

簡単に言えば

ある程度のリア充向け、イケメン向けなんです。
次のような男性には厳しい場所なんです。

マッチングアプリが向かない男性

・顔に自信がない

・ファッションにも気を使ったことがない

・髪型も適当な1000円カットで済ませている

・かなり長い間、女友達が1人もいない

・女性の目を見て話せない

・引きこもりで友達もほとんどいない

・30代を超えているが童貞

こういう条件の方には
厳しい場所だと言わざるを得ないでしょう。
(ちなみに童貞時代の私は全部当てはまっていましたが…笑)

 

なぜマッチングアプリは推すサイトが多いのか?

しかし、インターネットを見ていると
マッチングアプリをオススメしているサイトは多いです。

「出会いがないと彼女はできませんよね。

今、一番出会えるのは○○○○っていうマッチングアプリです!」

というように。

でも、そういうサイトが恋愛弱者には
向いていないのはお話したとおりです。
じゃあ、なぜマッチングを推すサイトが多いのでしょうか。

その理由は大きくわけて2つ。

1、アフィリエイト報酬目当て
2、サイト運営者が本当にオススメだと思っている

 

まず、大抵がこれだと思うのですが、
アフィリエイト報酬目当てです。

自分のブログやホームページでマッチングアプリを紹介して、
そこから登録があるとお金がもらえるんです。

サイトによっては結構高額で、
1人登録があるごとに3000円くらい貰えたりします。

だから、自分が一切使ったことなくても、

「ここで出会えました」
「今、人気のあるマッチングアプリはこれとこれです。」

というように紹介している人もいると思います。
そこから登録があれば報酬が入るからです。

 

もう1つの理由は、
サイト運営者自身が本当に良いと思っているケースです。

この記事でも書いたとおりですが、
恋愛弱者にはマッチングアプリは向いていません。

ですが、それ以外の人、
例えば次のような男性はマッチングアプリでも出会えるんです。

マッチングアプリ向きな男性

・ナンパを普通にできるような男性、

・恋愛には慣れていないけどイケメンの男性

・顔はそうでもないがファッションがおしゃれ

・女性から尊敬されるような職業の男性

・リア充の男性

・普段ガンガン飲み会をしている男性

だから別にマッチングアプリが悪とかダメとか
そういうことではないので
悪意を持って紹介しているわけではないはずです。

私が言いたいのは単純に、

マッチングアプリは恋愛弱者の男性には向いていない

(なぜなら瞬発力のあるような、わかりやすいウリがないから)

というだけです。

じゃあ、どうすればいいんだよ?

昔の私のようなドン底状態のモテない男性にとって、
マッチングアプリは難しい場所です。

インターネットを使って出会うという考えは良いのですが、
マッチングアプリはあまり良くありません。

じゃあ、どこを使えばいいの?
という話になるかと思います。

それについてはさすがにこの記事で語るには、
長くなりすぎますので、

(この時点ですでに3000文字なので^^;)

以下の無料の恋愛メール講座に登録してみてください。
そちらでお話しています。

↓ ↓ ↓

無料の恋愛メール講座はこちら

期間限定で無料プレゼント

こんにちは。

田中翔馬です。

今回は、
引きこもりの童貞だった男が、
なぜ、たった1ケ月という短期間で、
37人の彼女&セフレ候補を作り、
さらにはアイドルの彼女を作ることができたのか?


その秘密を暴露したいと思います。

普通に考えたらそんなことは不可能だと思いませんか?

ですが…

ある方法を知っていれば、
それは可能となります。

とても簡単です。

私がどうやって彼女を作っているのか?

その方法を無料でお教えします。

↓ ↓ ↓
こちらをクリックしてください

 

コメントは受け付けていません。