「恋愛本でなにかオススメはありますか?」と聞かれたが…

こんにちは。
田中翔馬です。

先日、メルマガ読者の方から

「恋愛本でなにかオススメはありますか?」

という質問をいただきました。

彼女を作るのに役立つ本があれば教えてほしい、
ということですね。

同じように本を探している方もいるかもしれません。

ですので今回はその質問について、
私なりの回答を載せておこうと思います。

 

「恋愛本でなにかオススメはありますか?」

まずこの質問に対する答えから。

いきなり、

「なんだそれ」

という答えになってしまうのですが…。

 

実は、恋愛本というジャンルに限って言うと、
人に薦めたいと思うものがないんですよね^^;
(そういうものを知らない)

 

これはすごい、と思えるものに私がまだ出会っていないです。
あと、私がモテるようになったのは
恋愛教材(恋愛の情報商材)がきっかけでした。

以来、そういった情報教材を中心に
ノウハウを習得してきたので、
恋愛本はあまり読まなくなったんです。

だから、私が人におすすめできる恋愛本はないです^^;

 

別ジャンルの本で恋愛に役立つものならいくつかあります。

ただ、これだけだとあれなので、
一般書籍の中で“彼女作り役立つ本”を紹介させていただきます。

恋愛以外のジャンルであれば非常に役立つ本がいくつかあります。

 

彼女作りに役立つ本1
売り込まなくても売れる!― 説得いらずの高確率セールス

著者:ジャック・ワース
ニコラス・E・ルーベン

 

いきなりビジネス書ですが、こういうセールスに関する本は
彼女作りに役に立つことが多いです。

こんなことを言ってしまうとあれなのですが、
下手な恋愛テクニックとか女性心理の勉強をしたりするよりも、
セールスの知識を学ぶほうがモテるようになります^^;

 

それにも理由があります。

なぜなら、

恋愛は自分という商品を女性というお客様に売るビジネス、

のようなものだからです。

 

“ビジネスはお客様に商品を売って対価としてお金をいただきます。
恋愛は自分自身(男性としての価値)を女性に提供することで、
対価として女性の時間や愛をもらう

つまり、恋愛はセールスである”

と、そういう考え方をするとしっくり来るんですね。

 

生きていく中では他にもセールスのようなものはたくさんあります。
例えば、就職やアルバイトの面接なんかもそうです。
面接を受けるというのは自分という商品(人材、労働力)を企業に売る行為なので、
セールスのようなものです。

恋愛は自分をアピールして売り込む相手が
企業から女性に代わるだけです。

 

「人は誰しも生まれながらにセールスパーソンである」

 

これは『思考は現実化する』という
成功哲学の金字塔的書籍を書いたナポレオンヒル博士の言葉ですが、
本当にそのとおりだと思います。

恋愛はセールスと似ています。

 

ですので、モノの売り方を学ぶのは
彼女を作る際にも非常に役立ちます。

そしてその中でも、
この本はとても勉強になります。

 

どういうことが書かれているかといいますと…

“セールスをしたときにお客さんに抵抗を感じさせず、
自分も心理的な抵抗を感じない手法”

が説明されています。

 

モノを売ることに抵抗を感じる人は多いです。

 

例えば、

「人に何かを売るときに罪悪感を感じる…」

「相手に嫌がられてるんじゃないかと思ってしまう…」

「断られたらショック…」

「拒絶されることが怖い…」

というように。

 

これは恋愛でも同じです。

 

売り込みをする
(女性にアプローチをする)

抵抗が生まれる

相手に対して申し訳ない気持ち
拒絶された痛み
ストレス

そうなるのが嫌だから売り込みできない…
アプローチできない…

 

こういう心理ですね。

 

もし、これまでにそのような不安を
感じたことがあるのなら…

または恋愛活動をするにあたって感じそうなら、
この本は役に立ちます。

 

売り込まなくても売れる、というタイトルの通り、
お客さんに対して強引なアプローチをせずに
成約につなげる手法が解説されているからです。

 

より正しく言えば、見込みのあるお客さんしか相手にしない、
という内容です。
これは恋愛でも非常に重要な考え方でして、
見込みのある女性だけを狙うことが成功の肝になります。

 

ちなみにモテない男性はこちらに一切興味のない女性を
なんとか振り向かせようと必死です。

それは商売で言えば、その商品に興味のない人を
なんとか説得して買ってもらおうとする行為のようなもので、
かなり大変です。)

 

「そういう下手な手法(お互いにストレスが多く、
かつ成約率の低い手法)は嫌だ」

「もっとセールスを楽にしたい。
(楽に彼女を作りたい)」

思われるのであればすごく役に立つ内容です。

 

※2002年出版なので古い本なのですが、
基本的に原理原則は時代が経っても変わらないので問題ありません。

今でも使えますし、この先の未来でも使えます。

※恋愛で使う場合は書かれているそのままではダメです。
本質部分を理解して応用を利かす必要があります。

 

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

こちらは成功哲学と呼ばれるジャンルの本になります。
自己啓発ともいいますね。

ナポレオン・ヒル博士という方が書いた本なのですが、
(表紙に描かれている方ですm(_ _)m)
“彼女を作る上でとても大切な心構え”を学ぶことができます。

心構えなんていうと、

「なんか堅苦しいな…」

とか、

「そんなのでモテるわけない…」

と思われる方も多いです。
でも、実はこの心構えというものが恋愛では一番重要です。

 

恋愛テクニックや口説き方、女性心理の理解も大事ですが、
こちらの重要度はそれ以上です。

この部分ができていないと、
いくら上辺のテクニックを知っても使いこなすことができません。

 

心構えができていないと、
必然的に次のようになります。

・行動できない
・熱意がない
・失敗から学ぶ気持ちがない
・上手くいかないときに他人や物のせいにする

 

それではどう考えても上手くいきません。

 

逆に言えば心構えがしっかりしていると、
行動すればするほど成長していき
良い循環に入ることができます。

極端な話、この本の内容をすべて理解して実践していれば、
恋愛テクニックなんて一切知らなくても
彼女を作ることができます。

(もちろん恋愛テクニック知ってたほうが圧倒的に近道ですが。)

そういうことを考えると、
変な恋愛本を読むよりもこちらを読んだほうが役に立ちます。

 

まとめ

ということで…

今回の記事では彼女を作る上で役に立つ書籍の紹介をしました。

恋愛本とは違うジャンルになりますが、
彼女を作る上で非常に役立ちます。

真の良書ですのでぜひ読んでみてください。

 

(恋愛本に関しては良い本もあるかもしれませんので、
今後調査をしていけたら、と思っています。)

それでは読んでいただきありがとうございました。

 

コメントは受け付けていません。